美少女ゲームをつくろうpart004 宴を中に組み込んでみました


会話部分をどうするかなーと考えておりましたが、ゲーム内の会話パートとしても組み込めるアセット「宴」を利用することに決めました。
こちらのアセットはマッドネスラボというサークル?で作られているものです。
もともとはアドベンチャーゲーム開発用に作られているアセットなのですがゲームに組み込みことも可能みたいだったので前々から目をつけておりました。

しかーも、以前参加したデジゲー愽でマッドネスラボさんがお隣さんだったのでその時サークルのことや、開発のことなんかもいろいろお話させて頂いたってのもあったりして、うちのサークルでも利用させていただこうかなという感じです。

実際文字送りとかバックログなんかは自分たちで作るより高性能なものになっているのでその分の時間コスト考えるとぐーっと楽になっております。
組み込むときに少し躓いた点なども少々ありましたが概ねいい感じ。
画面などまとまってきたら組み込んだ時のこととかも記事にしようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">