【PHP】Vagrant環境下でCodeIgniterを起動する


ちょっとフレームワーク使ってみるか、ということで、仮想環境下にCodeIgniterを入れてみます

VagrantとVirtualBoxのバージョンを確認。単純に最新版にしてしまうと動かないです。
組み合わせが重要なので今回はこのバージョンに合わせる
Vagrant 1.6.5
VirtualBox 4.3.18

詳しくはこちらでセットアップ
VagrantとVirtualBoxでセットアップをする

ここで設定を少しだけ確認。
Vagrantファイルの27行目あたりのネットワーク設定を変更

config.vm.network “private_network”, ip: “192.168.30.10”

#を外してipアドレスを設定します。すでにVagrant環境がある場合はぶつからないようにしてください。

== vagrant 内での作業開始 ====================================================
<>

// 編集しやすいようにシンボリックリンクを貼っておく

// 必要なものをインストール(ここではバージョンは特に指定してません)
php mysql apache(httpd) phpからmysqlを使う(php-mysql) WebからDLする(wget)

// コードイグナイタのDLするURLを確認して、wgetする

// 解凍

// ディレクトリの名前を変える(今回はcodeフォルダに変更)

// ここで先にコードイグナイタで利用するつもりのDBを設定しておきます
// 設定内容は
// <<初期設定>>
// ルートユーザーの設定
// ルートユーザー:root_user
// ルートユーザーパスワード;root_pass

// 利用するテーブル系の設定
// 手順としてはルートユーザーでmysqlにログイン
// コードイグナイタで利用するデータベースを作成
// 作成したDBにアクセスできるユーザーを作成
//
// データベース;db_code
// ユーザー:user_code
// ユーザーパスワード;user_code_pass
// こちらで行きたいと思います

== vagrant 内での作業終了! ====================================================

これでPHPからアクセスするDBの設定は完了
以降の作業はvagrant内からやってもいいし外部からやってもOK

コードイグナイタ側で変更するファイルは普通に入れてると
(/var/www/html/code/application/config/database.php)

ここまで来たら後はブラウザからhttp://192.168.30.10へアクセス!

スクリーンショット 2015-10-06 11.36.30

Welcomeページが表示されたらOK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">