WordPressでWP Multibyte Patchを使えるようにする


WP Multibyte Patchというプラグインを入れようと思ったらmbstringが使えないから出直して来な!と言われたので設定してきました。

1.php-mbstringをインストール

CentOS環境ですけど、yum installで一発!

※必要があればsudo権限で実行してください。ちなみに私はここが一番苦労しました・・・

2.php.iniの変更

自分のサーバー環境にあるphp.iniを変更しましょう。
こちらの設定は例ですので参考程度にお願いします。

自分の環境でのphp.iniがわからない場合はphpinfo();

表示された場所にあるのでレッツ編集

3. Apacheを再起動

たまにやると忘れがち。Apacheを再起動してください

こちらも必要があればsudoで行いましょう

4.設定の確認

適当なPHPを実行できる場所にてmb_get_infoを利用して確認

ここでApacheの再起動とかしてないと失敗するのでちゃんと確認して下さい。
実行結果は以下のような感じ

5.WP Multibyte Patchを有効に!

ようやくここまで来て有効にできます。
プラグインから有効化のボタンを押して、エラーが出ないことを祈ります

自分で環境立ち上げてるとこういうあたりの設定で苦労する・・・
出来てくると理解も深まるのでまぁいいかと思ってしまいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">