Unity5に入れ替え中 Rigidbodyにご注意


今月入ったあたりからUnityで作ったプロジェクトをUnity5に変換してるんですが、
ちょこちょこと動きがおかしくなるものがちらほらと。

3Dモデルのアニメーションやモデルからたまにエラーが出ますね。
あと、Rigidbody関連もちょっとおかしくなってますね。

以前はMovePositionとかで移動させてたものがちょくちょく異常を起こしてました。
原因としては軸をFreezeさせていたものがどうやらUnity5ではちゃんと効くようになったようです

というのも位置調整をいろいろしてた時に、Inspectorの設定でX軸を固定にしたままMovePositionでX方向に移動させてたままになってました。
Unity4ではX方向の軸を固定していてもMovePositionでの指示には従うようになっておりました。
変だなぁとは思ってたのですが、その時はまぁいっかという感じでそのままにしてました。
Unity5になるとその辺りもちゃんと静止するようになっているので動かしたいオブジェクトがぴたっと止まってました。
3Dで物理的な処理をしている場合、ひょっとしたらUnity5用に設定を変えないとだめな箇所が他にもあるかもしれませんので
気をつけるようにしましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">